コロナウイルス対策 会場がしていること

コロナウイルス対策 として次のようなことを実施しております。

・会場内 常時 換気扇稼働

・開閉できる窓5ヶ所 廊下2ヶ所

・受付上部に換気扇増設

・受付にアクリル板の設置

・ドリンク用、サイン時用 卓上アクリル板×2枚の貸し出し

・会場に次亜塩素酸水スプレー、次亜塩素酸ナトリウム液 を設置

・フェイスシールド貸出し×2個(販売もあります)

・男女トイレにハンドペーパー、ハンドソープ設置

・加湿器×3台、空気清浄機設置×4台の設置

・工場扇の設置

・体温検知器の設置

・非接触型体温計の貸し出し

・高精度二酸化炭素濃度計の設置

・窓ぎわ2箇所に扇風機(高速に空気の入れ替えができます)

 

体温検知器,体温検知機,コロナ対策

 

 

アクリル板 受付 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 イベントスペース

窓 開閉窓 秋葉原貸しホール 秋葉原イベントスペース コロナウイルス対策 換気環境

 

高精度二酸化炭素 濃度計 デシベル計

コロナウイルス対策,工場扇,秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部,

秋葉原ハンドレッドスクエア俱楽部 空気清浄機 コロナ対策

秋葉原ハンドレッドスクエア俱楽部 加湿器 コロナ対策

 

 

コロナ対策 アクリルスタンド 秋葉原イベントスペース

 

 

主催者 参加者の皆様にはウイルス感染防止のためにご協力を

安全に会場利用していただく為、会場スタッフと、主催者、参加者で

協力して対策をしていきたいと思います。

都の出しているガイドライン ロードマップ以外に

秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部のガイドラインもご確認いただき、

より安全にイベントを開催いただけたら幸いです。

ご協力の程、宜しくお願い致します。

 感染防止ガイドライン】

1.イベント企画時に考慮すること

①県境をまたいだ移動が想定される公演(全国から集まる人気者の公演)は自粛する
②大皿などでの立食、飲食提供は避ける
③休憩時間は換気を考慮してマメに取る
④入場制限
座席制限 左右隣接しない
50センチ以上離す
ステージと客席
2m以上離す
⑤過去2週間以内に感染国へ海外旅行をした人
⑥当日1週間以内に、本人、家族、接触した友人や同僚に37℃以上の発熱、痰咳、がある人
⑦いずれかの症状がある人
咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

2.イベント告知時にやるべきこと
マスクをしていない人の入場制限
発熱や咳がある人の入場制限
出演者やスタッフに感染が疑われる際にはイベントを中止する旨
出発前の検温
プレゼント、差し入れ、入待ち、出待ちの禁止

3.受付時にやるべきこと
マスクを非着用者の入場拒否
(忘れた人に備えてマスクを販売して下さい)
体温を計る
(非接触型体温計を貸し出しています)
37℃以上の発熱がある人は帰宅させる
受付者、物販者はマスク、フェイスシールド、手袋を着用 ビニールカーテンを使用する
記帳道具は毎回除菌
チケット確認(もぎり)は簡略化し行列ができないようにする
手洗いやマスクをするよう案内
除菌液を受付トイレ控室に設置
咳、握手、ハグ、ハイタッチ、出待ち、入待ち、対面での飲食や会話を禁止する
トイレ利用時は蓋をして排水
感染発生時に備えて公演ごとに、来場者氏名、連絡先を把握
感染発生時は保健所に提供されることを周知
パンフレット・・アンケートの手渡しは控える

開演時にアナウンスすべきこと
公演前後及び休憩は、入待ち、出待ちを禁止
人が滞留しないよう段階的な会場出入りをする
トイレ利用時は蓋をして排水
行列ができる際は、最低1m(できるだけ2m を目安に)の間隔を空けること

4.換気や除菌の徹底
室内換気扇は常時フル稼働
休憩時間は工業扇風機を使い換気を徹底
空気清浄機はフル稼働
11月?3月は加湿器をフル稼働
施設の開館の際には施設内のドアノブ、手すりテーブル、椅子、ボタントイレ等不特定多数が触れやすい場所の除菌を行う

以上のことを施設管理者より感染予防ガイドラインとして説明を受けました。 開催にあたっては留意して感染防止に努めます。

利用日

日付

記名サイン

 

 

 

コロナ対策 ハンドレッドスクエア倶楽部

 

 

 

ご不明点ございましたら、お気軽にお問合せください。

ご予約は常時受け付けて おります。

秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 お問合せ

 

 

 

関連記事

Related posts