音響機材 について 秋葉原ハンドレッド

都内 山手線 秋葉原駅 昭和通り口7分 にある 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 では 音響機材 を 無料で お貸し出し しています。

ここでは グランドピアノ について 説明 と 写真 を 掲載しておきます。

ピアノ種類 は YAMAHA ヤマハ です。

サイズは G2 です。

色は 木目調の マガホニー です。

ペダルは 2本 です。

透き通った音色に グランドピアノ の音を調整できます

元々の 音色は まろやかで優しい音色 です。

拡声する 場合は、 まず 楽器用の 有線マイク(SHURE SM57)で グランドピアノ の 音を 拾います。

16chミキサー を 通して 天井から 吊り下げられた 15インチもある メインスピーカー から 出力させる ことが できます。

4バンドイコライライザー と エフェクター を使えば 透き通った 音色に 調整 できます。

イベントホール全体に 綺麗な ピアノの音が 響き渡ります。

ウーハー を 使えば ピアノの 重低音 深い響きを 引き出すことができます。

グランドピアノの調律は自分で人を手配することができます

ピアノの 調律は 自分で 人を 手配する ことが できます。

尚、 調律費用は 自己負担 になります。

調律を こちらに依頼することもできます。

その場合の 費用は、 15000 になります。

設定したい ご希望の 周波数を お知らせ下さい。

もっと気軽に ピアノ教室 合唱サークル の発表会 アンサンブル リサイタル を開こう

 

都内で 気軽に ピアノ教室 合唱 ゴスペル サークル の発表会  アンサンブル リサイタル を開きましょう。

秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部を 音楽ホール のように 使う ことが できます。

一般的な 音楽ホール と 違って、 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 は

一人あたりの 会場コスト で比べてみるよくわかります。

一般的な ピアノ リサイタル会場 音楽ホール と、格段に安くて リーズナブル、費用負担が 小さい のです。

つまり コスパが 圧倒的に 高い のです。

赤 青 緑 、、、ステージ照明 で 演出して みませんか?

簡単操作です。

いつもと 変えてみて 少しだけ 演出を 加えてみませんか?

もっと伝えたい そんな ピアニストには たまらない 映像設備 があります

グランドピアノ の 背景 には プロジェクター から 写真 や 動画 を 投影する ことが できます。

大きな 150インチ電動スクリーン に 詩 や 歌詞 、物語 写真 イラスト を 映し出し ながら ピアノ演奏 を してみませんか?

超短焦点型プロジェクター だから 眩しくありません。

演奏を 邪魔しない のです。

もっと 「伝えたい」 。

そんなピアニスト 演奏家 には たまらない 映像設備 が あるのです。

 

本当の楽しさは ピアノリサイタル や ピアノ発表会 が終わった後に始まる

ピアノリサイタル や ピアノ発表会 ...音楽イベントの後にはそのまま「懇親会」を開催できます。

秋葉原ハンドレッドは 「飲食持込可」です。

近くのスーパーやカクヤスですぐにドリンクやお酒、お惣菜など必要な物資を調達することができます。

音楽イベントの後に「懇親会」をすることができます。

ケータリングも使えます。

ドリンクチャージがありません。

緊張が取れたその後に

「来てくれてありがとう」

「参加してくれてありがとう」

「いっしょにセッションしましょうよ」

という「くつろぎの時間」を取りませんか?

その場ですぐにできます。

これが 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 で 音楽イベント をする 「良さ」なのです。

トークショーを企画したり、 お笑い芸人を よんだり、ダンス教室 と コラボ したり、

あなたの 周りに 一緒に やって くれそうな人は いませんか?

声を 掛けてみて 下さい。

グランドピアノグランドピアノ イベント会場

まずは 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部 を 内見にお越し下さい

ここまで 読んで くれて ありがとう ございます。

もし、この イベント会場 で グランドピアノ を 使った リサイタル や 演奏会 をしてみたいな と思っていただいたら

お問い合わせフォーム から ご都合の 良い日時を 3つくらい 書いて 送って下さい。

折り返えし が 開かれていない 時間帯に あわせて ご案内できる 日時を ご連絡 させていただきます。

ご予約は 4ヶ月前から 請けたまって います。

仮予約は 1週間 まで できます。

詳細は 会場を 内見してから 考えて 下さい。

 

 

 

Related posts